ハウジングコーチ、ハウジングストーリーを活用した理想の家づくり

住宅の快適性について

家は、日々の生活への活力が得られるような、そして心身の疲れを癒してくれるような場所であってほしいと願います。
そんな家づくりのポイントとして、快適性を重視しない方はいません。

家の快適性の基準は人それぞれかもしれません。
しかし、誰もが重視すべきで、今あらためて注目を集めているポイントは、住み手の健康と建物の健全性に大きく影響する室内の温熱環境、エコロジーの考え方です。
理想を叶える快適な家づくりを進める際には、温熱環境の充実は今や必須条件と言えます。

~昔と今の温熱環境~

冷暖房が普及する以前の日本では、「夏を旨とすべし」という考え方が一般的で、夏をどれだけ涼しく過ごせるかが重要視されてきました。
これは、厚着をしたり囲炉裏の火で体を温めたり出来る冬に対し、夏は涼しくする有効手段があまりなかったことが関係していたようです。

現代では冷暖房機器の使用が主流となり、以前に比べると季節に関係なく「快適」に過ごせるようになりました。
その一方では、住宅の断熱性能の低さから、消費エネルギーの増大が進んでいます。
これからの家づくりでは、気密性能・断熱性能を高めて優れた温熱環境を実現する必要があります。
消費エネルギーの少ない高性能住宅は、人の体にも、建物自身にも、地球にもやさしい家づくりといえるのです。

~冷暖房効果を高める高性能な家づくり~

気密性能・断熱性能を高め、温熱環境が整った家であれば、冷暖房による消費エネルギーを最小限に抑えることが可能となります。
その結果、ランニングコストの低減を実現しながら、快適な室内環境を年間通して維持することができます。

住む人にとって高性能な家は、建物の長寿命化という意味でも高性能となります。
通風と湿度管理など、総合的に判断できる専門知識を持った設計者に依頼することが重要と言えるでしょう。

~2020年改正省エネ基準の義務化~

2020年までに、すべての新築住宅を対象に、改正省エネ基準への適合が義務付けられました。
これまでよりも、一歩進んだ省エネ性能が住宅に求められることになったわけです。

冷暖房設備、換気、照明、給湯などの設備性能を算出し、太陽光パネルをはじめとした再生可能エネルギー発電機器の計画、気密・断熱性能などが総合的に設計に盛り込まれなくてはなりません。

これからの家づくりは、高気密・高断熱+省エネ型の設備機器が標準装備となります。
設備性能とデザイン性能のバランスについて、設計者とじっくり話し合うことが重要といえるでしょう。

  

川口孝男建築設計事務所は多摩市をはじめ、東京都内での家づくりをお手伝いしております。
省エネ建築診断士、ハウジングコーチの知識とノウハウを活かして、あなたの「本当の理想」を引き出し、エコロジーを考慮してかたちにします。
一人ひとりの悩みや相談をお伺いし、寄り添いながら本当の幸せが望める住まいを実現できるよう協力してまいります。