ハウジングコーチ、ハウジングストーリーを活用した理想の家づくり

住宅設計前に知っておきたいこと

川口孝男建築設計事務所の理想の家づくりは、必要に応じて敷地購入時のアドバイスから始まります。
設計段階では、間取りの検討、素材や設備機器の選定など、デザインに関わる様々な点にこだわりながら、慎重に進めていきます。

一方、世間一般の注文住宅では、実際に新築で家を建てたものの、理想と異なってしまったというケースも少なからず生じているのが事実です。
自分と家族にとって本当に価値のある家を手に入れるためにも、設計に入る前に押さえておくべきいくつかのポイントを紹介いたします。

~理想と将来像の明確化~

住宅の設計前の最大のポイントは、あなたの本当の理想とは何かを明確にしておくことです。
多くの方が設備や間取りといったモノに対する好みをお持ちでしょう。
素敵な住宅雑誌に魅了されてしまうこともあるかもしれません。

しかし、その時のライフスタイルに基づいたモノへのこだわりやセンスは、時代や流行そしてあなた自身のライフステージの変化と共に変わっていく可能性が高いと考えておくべきです。

そのため、まず自分はどのような価値観を持ち、その家を手に入れることでどのような新たな価値や感情が得られるのか、より豊かな人生が歩めるのかを理解する必要があるのです。
そして、現在はもちろん、家族を含めたあなたの理想的な将来像を描いておくことも大きなポイントになります。

~自分にとっての幸せ、豊かさとは~

新しく手に入れる家で得たい、感じたい幸せとはどのようなことが挙げられるでしょうか。
家族と過ごす楽しい時間や、好きなことに熱中できる時間など、幸せや豊かさを感じられる瞬間というのは、人それぞれです。
あなた自身の本当の幸せ、豊かさとは何でしょうか。
この点と深く向き合い、じっくりと考え、気付くことは、理想の家づくりでは必須の重要ポイントとなります。
安心して毎日を過ごせる居場所づくりを行うためにも、幸せ、豊かさとは何かを知ることが大切です。

~価値観と自分軸の棚卸し~

自分にとっての幸せ、豊かさとは何かを知るにはどうすればよいのか。
それは、過去の自分と向き合って、価値観や自分軸を形成してきた経験、感情の棚卸しをすることが有効と言われています。
それをコーチングのスキルを使って実現するのがハウジングコーチのセッションです。

決してブレることのない自分軸、芯を見つけることができた時、家づくりにおける様々な判断のポイントが一気に明快になっていきます。
家づくりの情報集めは、実は自分自身の中から始めるべきなのです。

  

東京都内で住宅設計を行う川口孝男建築設計事務所では、ハウジングコーチのセッションを通してあなたに寄り添いながら理想の家づくりを行っていきます。
通常のヒアリングでは気づかなかったあなたの理想を引き出し、時代に流されない快適な住まいをご提案いたします。