ハウジングコーチ、ハウジングストーリーを活用した理想の家づくり

設計の進め方

ここでは例として、新築住宅の設計監理業務の進め方を説明いたします。
実際は、ご依頼者の希望される進め方を尊重いたしますので、あくまで参考例としてご認識ください。
なお、その他の用途の建築設計、家具・プロダクトデザイン、改修設計等に関しては、直接お問い合せ願います。

■ 事前相談

□ コンタクト

お電話か「お問い合わせ」フォームからご連絡いただけますと幸いです。
当方の都合により、電話対応が難しい場合もございます。
「お問い合わせ」フォームからのほうが、より確実にご対応させていただけると思います。

□ 基本事項のヒアリング

まず、お住まいに関する基本的な考え方をお聞きします。
その上で、どのように進めるのがご依頼者の希望される形により近づけるのかをご相談させていただきます。

当事務所では、まず「ハウジングコーチ」という方法を使ったヒアリングを行い、理想の家、理想の暮らしについての共通認識を持つためのセッションを行うことをお勧めしております。
詳しくは「ハウジングコーチとは」のページをご参照ください。

もちろん、「ハウジングコーチ」によらない一般的な設計ヒアリングでご要望をお聞きしていく方法も採用しております。

ご依頼者のご希望により、判断させていただきます。

※できる限り直接お会いさせていただき、お話をお聞きしたいと考えております。

※ハウジングコーチは1セッションあたり3時間程度となります。
セッション料として20,000円(税別)をいただいておりますが、この料金は、本契約をご締結いただいた際には、設計監理料の提示金額から差し引かせていただきます。

■ 基本計画(2~4週間)

□ 敷地条件等の調査

建設予定地の基本調査、各種法規制の確認を行います。

※測量、地盤調査等の費用は別途必要になります。

□ ラフプランの提示

設計与条件と、ヒアリング内容を踏まえた検討図(ラフプラン)をご提示致します。

■ 基本設計(2~3ヶ月)

□ 設計監理契約

基本計画での提示内容にご賛同いただけた場合は、この時点で「建築設計業務委託契約」を締結させていただきます。

委託料については、住宅(新築)の場合、概ね工事費の10~13%とさせていただきます。(計画地、計画難易度等によって個別に算定いたします)

お支払いの時期・回数等の条件詳細につきましては、ご相談によって決めさせていただきます。

□ お打合せ

基本計画案をベースに、細かなご要望事項を盛り込みながらあらゆる可能性を探ります。
構造、設備仕様も同時に検討し、完成像を共有できるまでスタディを重ねます。

□ 概算見積り

実施設計に入る前段階で、全体の予算計画に破綻がないか概略のチェックを行います。
場合によっては、ご要望事項の取捨選択がこの時点で必要となります。

■ 実施設計(3~5ヶ月)

□ 詳細設計

図面をスケールアップし、基本設計の内容に、より具体的なデザイン、仕様を盛り込みます。
この時点でおいても、方針の見直しは可能です。

□ 工事費見積り

実施設計図を基に、施工会社に見積りを依頼します。
複数の施工会社に依頼するケースが多いですが、設計内容・仕様により1社指定する場合もございます。

見積金額によっては設計変更、価格交渉、再見積り等を行い、工事金額を調整し決定します。

□ 各種申請

建築確認申請を提出します。
計画内容により、その他法的に必要となる申請、届出を行います。

※この際の、申請料金等は別途ご負担いただきます。

■ 工事監理(5~8ヶ月)

□ 工事請負契約

選定した施工会社と工事請負契約を締結していただきます。
施工会社が提出する工程表や工事管理体制等をチェックし、着工前に十分な意思の疎通を図ります。

□ 工事監理

地鎮祭や近隣説明等を行い、建設工事を開始します。
工事内容が契約図面と相違ないかチェックし、施工会社に対して指導、助言を行います。
工事完了時には、竣工検査を行い、不具合部分に関しては是正工事を指示いたします。

□ 検査・引渡し

検査機関による完了検査を受け、検査済証が交付された後、お引き渡しとなります。
お引渡し前には、施主検査及び取扱い説明会を行い、万が一問題が発見された場合は、是正処置を行った後のお引渡しとなります。

■ アフターケア

□ 検査・対応

お引き渡し後に不具合が発生した場合は、迅速に対応致します。

また、工事請負契約書において定めた瑕疵担保期間内に、瑕疵並びに損耗に関する検査を
実施致します。

瑕疵担保期間の内外に関わらず、建物のメンテナンスに対しては責任を持って対応させていただきます。

※( )内に記した期間は、あくまで目安とお考えください。