ハウジングコーチ、ハウジングストーリーを活用した理想の家づくり

ハウジングコーチとは

「自分の家」を持つことを人生最大の目標のひとつと考える方は、昔からたくさんいらっしゃいます。
しかしいざ家を建てるとなると、自分にとって本当の「理想の家」とはどのようなものかについて、お悩みになるケースが少なくないと思います。
「理想の家」をつくるためには様々な知識、ノウハウが必要となります。
その中でも最も大切な要素となる「自分軸への気付き」を提供するハウジングコーチの個別セッションを、ぜひ有効にご活用いただきたいと思っています。
こちらでは、ハウジングコーチを活用した家づくりの特徴やメリットについて説明します。

~本当の理想の家を手に入れる~

家を建てる際に重視するポイントは人によって異なりますが、単純に「好み」を重視して住宅デザインを考える方が意外と多くいらっしゃいます。
しかし、自分の好みを優先した家というのは、時代の流れや住まい手自身のライフステージの変化によって、暮らしにくくなることも考えられます。

時には「好み」そのものが変化してしまうこともあるでしょう。
ハウジングコーチによる家づくりでは、住まい手自身が実は気付いていないかもしれない本当の想い(=自分軸)を引き出すことを重要視しています。

時代や流行に流されない揺るぎない「自分軸」を発見し、これを出発点として住まいのあり方を考えることが、本当に理想とする家づくりに繋がると考えています。

~長く快適に住む住宅デザイン~

毎日を生活する場所である家に対して誰しもが求めるもの、それは「快適さ」だと思います。
快適な暮らしが得られることで初めて、ここが本当の「自分の居場所」だと確信できるのだと思います。
しかし、長い人生の中では、周りの変化や自分を含めた家族の成長・変化に伴って、求める「快適さ」の質が変化していくことが考えられます。
家族とともに、活動的で元気に動き回れる空間が確保できることが「快適さ」につながることもあれば、あまり考えたくはないですが、心身の状態が十分でなくなったときにも、そっと寄り添ってくれるようなやさしい表情をした空間が「快適さ」につながることもあるはずです。
そう考えたとき、自分や家族の状態の変化や時の経過に関わらず求めたくなる「快適さ」とは、「安心感」ではないかと私は思っています。
つまり家づくりでは、建てたくなったときの価値観やライフスタイルだけでなく、その先の人生について深く考えることが大切になってくるのです。
このプロセスなしに、長く快適に暮らせる「安心感」を得ることは難しいのではないでしょうか。
ハウジングコーチによる家づくりでは、現在はもちろん、将来の自分や家族の幸せのあり方にも焦点をあてながら、求めたい「安心感」の本質とは何かを考え、住宅デザインへとつなげていきます。

~家づくりはゴールではない~

家づくりにおいていちばん大切なことと言っても過言ではないことは、家の完成をゴールのように捉えるのではなく、「自分の家」を手に入れることによって、そこで過ごす時間にどのような価値を見出し、人生で大切な何を得たいのかに焦点を当てることだと思います。

それには、できるだけ長いスパンでライフステージを考えることが重要になってきます。

そして、長い時の流れに耐えうる住まい手自身の価値観を反映させた家づくりが必要となってくるのです。

ブレることのない住まい手の価値観を引出し、納得感のある揺るぎない「自分軸」をもとに家づくりを行う点がハウジングコーチの特徴であり、住まい手が得られる最大のメリットであると考えています。