ハウジングコーチ、ハウジングストーリーを活用した理想の家づくり

家づくりへの思い

私にとって家づくりとは、住まい手ご自身の自分らしい「内なる言葉」を引き出して、空間へと解釈し、前向きで穏やかな気持ちになれる居場所を創り出すことだと思っています。
特別なしつらえや、華美なデザインを求めるというよりも、日々の何気ない時を豊かに過ごすことができる、着心地の良い普段着のような空間を提供したいと考えています。
それは、住宅以外の建築に関しても同じです。
その場所を訪れる人にとって、心地よい身体感覚を覚えるような工夫を考えることが、建築家に求められる技量ではないでしょうか。

そのような空間を実現するためには、住まい手と建築家がコミュニケーションを重視し、共感・共鳴できる言葉:コンセプトを共有し、同じ方向に向かうことから始めたいと思っています。

~家づくりの目的は「幸せに暮らす」こと~

家づくりの目的を突き詰めて考えると、「幸せに暮らす」ことではないかと思います。
しかし、何をもって「幸せ」かは十人十色かもしれません。
住まい手の「幸せ」につながる「内なる言葉」とはどんなものか。
それを丁寧に拾い上げることから設計を始めるように心がけています。
私がひとつのキーポイントだと感じていることは、「普通」と「シンプル」という言葉への感じ方、考え方です。
住まい手にとって本当に望ましい「普通の家」、「普通の暮らし」、「シンプルな住まい方」への思いを共有できた瞬間から、本当の設計がスタートするのだと思います。

家づくりは、決して設計者からの「押し付け的な提案」から始めるべきではないのです。

~ハウジングコーチという方法~

住まい手が「幸せに暮らす」ことができる家を提案するために重要なヒントとなる「内なる言葉」。
これをいかに引き出し、拾い上げるかが、まずは重要なポイントとなります。
一般的なヒアリング方法で要望をお聞きする場合は、予算、規模、必要な部屋・機能、収納、デザインの好みなど、参考例や雑談も交えながら会話を重ねていきます。
できるだけ住まい手の理想像を引き出し、後悔のない設計案をまとめるためには欠かせない、大切なプロセスです。
しかし、一般的なヒアリング方法には欠けている「視点」があるのです。
それは、時間に対する感覚です。
この見極めが家づくりに反映されなかった場合、時の経過に耐えいつまでも「幸せに暮らす」ことができる理想の家の実現は難しいと考えています。
「ハウジングコーチ」というヒアリング方法では、過去・現在・未来を住まい手とともに丁寧に見つめていきます。
自分や家族という存在の「観察者」となり、時代に流されない本当に望む住まいのあり方、人生の歩み方を探って行くコーチングセッションです。
家づくりに関わるモノやコトへの「視点」にとどまらず、時間軸という見落としがちな「視点」でも考えることができる方法となっています。
※ハウジングコーチは、一般社団法人 日本ハウジングコーチ協会が定める認定資格制度です。
※ハウジングコーチのより詳しい説明は、「ハウジングコーチとは」をご参照ください。

~ハウジングストーリーという方法~

ハウジングコーチは、基本的には1対1(個人)あるいは1対2(夫婦)で行うのに対して、ハウジングストーリーは4,5人のグループや2世帯家族全員参加などの形式で行うセッションです(もちろん、個人対応も可能です)。
過去・現在・未来を見つめながら、理想の住まいを実現するためのヒントを探って行く点は共通していますが、グループ内で自分を語り、徐々に確認されていく自分らしさを表す「内なる言葉」への気付きに焦点を当てています。
そして最初は断片的だった「内なる言葉」をストーリーとして紡いでいくことで、自分や家族にとっての大切な価値観、理想像を浮き彫りにしていくワークショップとなっています。
このワークショップは、すぐに家を建てる具体的な予定が無い方にとっても、住むということについて楽しく、深く自分を見つめることができる内容となっています。
※ハウジングストーリーのワークショップは、不定期で開催しているイベントです。より詳しい説明は、「ハウジングストーリーとは」をご参照ください。

~大切なのは「自分軸」~

上記のように、私が住まい手の方とのコミュニケーションで採用している「ハウジングコーチ」、「ハウジングストーリー」に共通する目的は、揺るぎない「自分軸」を発見することにあります。
時代や流行の変化、住まい手のライフステージの変化に伴い、好みや家に求めるものも変わっていくことが考えられます。
しかし多くの人にとって一生に一度の家づくりを、もし簡単に変わってしまうような賞味期限の短い価値観をもとに進めてしまったとしたら、取り返しのつかない後悔に繋がってしまう可能性もあります。

揺るぎない「自分軸」を発見することの大切さ、そして、それを基に家づくりを始める重要性にぜひとも気付いていただきたいと思っています。