ハウジングコーチ、ハウジングストーリーを活用した理想の家づくり

住宅建築の様々な工法(構造種別)

一般建築と同様に、住宅にもさまざまな工法(構造種別)があります。
そのため、コストや耐震性、将来の可変性まで考えると、何がベストな選択なのか悩んでしまうといった声も少なくありません。
こちらでは、住宅建築の代表的な工法について、簡単にご紹介します。

~住宅建築の様々な工法(木造)~

【 木造軸組在来工法 】
日本の伝統的な建築工法です。
現代でも純粋な伝統工法に忠実な造りとすることもありますが、一般的には耐震性能の十分な確保を目的に、耐震金物や合板等を用いた工法を採用しています。
柱や梁の位置の設計自由度が高いため、狭小な敷地や変形敷地への柔軟な対応が可能です。
気密性、断熱性の確保には十分な知識と技術力が必要となります。
将来の可変性はもっとも高い工法です。

【 木造ツーバイフォー工法 】
明治の初めに洋風建築の広がりとともに普及した木造形式の一種で、枠組壁工法とも呼ばれます。
2×4インチの基本構造材を用いてパネルを構成し、床・壁・天井を作る合理的な面構造が特徴です。
パネル全体で構造強度を確保しているため、将来の可変性はあまり高くありません。

~住宅建築の様々な工法(木造以外)~

【 鉄筋コンクリート造 】
RC造とも呼ばれます。
デザインの自由度は高く、耐振動性、耐火性に優れています。
重量が大きいことで遮音性も他の構造種別に比べて有利です。
一方で地盤への負担が大きいため、基礎構造への十分な配慮が必要です。
工期、コストの面では他に比べて不利となります。

【 鉄骨造 】
S造とも呼ばれます。
柱間の距離(スパン)を長くすることが比較的容易なため、広がりのある空間をつくるのに適しています。
高い耐火性、遮音性は望めないので、構造以外の部分でカバーする必要があります。

このように、住宅建築の工法(構造種別)にはそれぞれ特徴があります。
敷地条件やコスト、デザイン性などを総合的に判断し、建て主自身に合った工法を採用することがポイントです。

~自分に合った工法とは~

構造種別の選択を自分に合ったものに、といってもそれほど簡単ではないかもしれません。
単に好みやその時々の価値観、価格で選ぶのではなく、しっかりとした「自分軸」を基に選択したいものです。

ハウジングコーチ・セッションにより、揺らぐことのない「自分軸」を見つけ、ライフスタイルの変化に対応できる家づくりを進めましょう。
セッションでは、あなたの声に丁寧に耳を傾け、一人ひとりが「自分軸」を見つけられるようにサポートしていきます。

川口孝男建築設計事務所は多摩市にある建築設計事務所です。
様々な住宅デザインの設計を行っており、あなたの理想を叶える家づくりをお手伝いいたします。
新築住宅に限らず、改修やリノベーション、インテリアデザインなどのご相談も承っております。