ハウジングコーチ、ハウジングストーリーを活用した理想の家づくり

理想を実現する注文住宅とは

間取りやデザインのテイストについての希望を実現することが、注文住宅の醍醐味と理解されている方が多いと思われます。

エコ住宅やシックハウス対策の希望など、最近話題になってきているポイントを要望に加えられる方も増えてきました。
しかし、本当に注文するべき重要ポイントは、はたしてそこで良いのでしょうか。

理想を叶える家づくりを目指す場合、どのような点に気をつける必要があるのか押さえておきましょう。

~注文住宅でもっとも注意するべきこと~

予算や敷地条件による制約はあるものの、さまざまな要望を出来る限り理想的な形で実現してくれるのが注文住宅の魅力です。
しかし、自分たちが考えに考えて伝えたはずの要望が、本当にあなたの理想を実現し、幸せで豊かな生活につながる要望となっているのかどうか。
これがもっとも注意を要するポイントです。

知識と経験が豊富な設計者であれば、さまざまな要望を諸条件とすり合わせながら魅力的な提案にまとめてくれます。
しかし、要望が確かなものかどうかを確認できるのは、住み手であるあなたしかいないのです。
まずその点を理解することが、理想の家づくりの第一歩となります。

~理想を明確にするハウジングコーチ~

上記のように、理想の家づくりで重要なのは、家に対するあなたの本当の理想について、あなた自身が気づく必要があるということです。
設計条件の整理や間取りについて考え始める前に、です。

本当の理想とは、普段から言葉にできていないことが多く、ご自身の潜在意識の中に眠っているものかもしれません。
もしそれに気づかないまま、単に好みやその時のライフスタイルをもとに家づくりについての希望を重ねたとすると、後々後悔するような間違った注文をしてしまう危険性が高まります。

そのようなことが生じないように、ハウジングコーチのセッションは、あなた自身の本当の、ブレのない理想を引き出し、誰に、何を、どのように注文するべきかを明確にする役目を担っています。

~ハウジングコーチの目的、メリットとは~

ハウジングコーチのセッションとは、自分では気付いていないこと、潜在意識の中に眠ってしまっていることの中に、理想への手掛かりを求めるヒアリングのことです。

通常設計者は、住み手の個性と理想を理解し形にするために、長い時間をかけながら、依頼主の人となりを出来るだけ深い部分まで理解しようと会話を重ねていきます。
その大切なプロセスを設計契約を結ぶ前に共有し、理想の実現に向けて同じ方向を向くことが、ハウジングコーチ・セッションの目的です。
この段階(契約前)で、設計者との相性が確認できることは、依頼主にとって大きなメリットともなります。

都内で家づくりにお悩みの方を、川口孝男建築設計事務所はサポートしております。
川口孝男建築設計事務所では、あなたの家に対する本当の理想を明確にするお手伝いをしております。