ハウジングコーチ、ハウジングストーリーを活用した理想の家づくり

リノベーションという選択

住まいを手に入れる方法としては、マンションや一戸建て住宅の新築物件を購入するケースが一般的です。
しかし、最近では中古物件の購入という選択が見直されてきています。
建物の健全性を確認のうえ中古物件を購入し、建築設計事務所などにリノベーションを依頼する方法も人気を得てきています。

こちらでは、リノベーションについてご紹介します。

~リノベーションの基礎知識~

リノベーションとは、良質な中古物件をリーズナブルな価格で購入し、好みに合わせて自由に手を加えて改修することで、快適で理想的な暮らしを手に入れることを目的とした方法です。
基本構造体はそのままに、間取りや内外装を大幅に改修するケースもこれに含まれます。

資産価値を高めることができ、目減りが少ないという特徴があります。
また、工夫次第で新築に比べてコストを大きく抑えられることも、リノベーションの大きな魅力です。

~リノベーションとリフォームの違いとは?~

最近耳にすることが多くなった感のある「リノベーション」ですが、「リフォーム」との違いが分かりづらいという声をよく聞きます。

「リフォーム」とは、基本的には原状回復を意味しています。
例えば、壁紙の張り替えやキッチン、ユニットバスなど設備の更新がリフォームに該当します。

一方「リノベーション」とは、空間に新しい機能や魅力を取り入れたり、間取りを変更して使い勝手を変えてしまう改修方法を指します。
大規模な改修工事はリノベーション、小規模な改修工事はリフォームと単純に分類されることもあります。

~家づくりリテラシーの重要性~

自分の理想を明確にし、住み手にとって本当に必要な家をかたちにする能力のことを「住宅リテラシー」と呼ぶようになってきました。

家づくりの第一歩として、ハウジングコーチのセッションを経験すると、自身の家に求める理想が明確になり、自分に必要な家のありかたを発見することができます。
まさに「住宅リテラシー」の手段そのものです。

これによって、本当に新築住宅の購入が必要なのか、あるいはリノベーションが最適解なのか、さてはもっと別の方法が望ましいのかが見えてきます。
家を取得することは、それ自体が目的であるかのようについつい捉えがちですが、本来は、あなたの人生を豊かなものとし、新たな価値を手に入れるための手段であることを忘れないでいただきたいと思います。

家を建てたくなったら、ご自身のリソースを有効利用するためにも、「住宅リテラシー」はぜひとも身につけたいものです。
ハウジングコーチのセッションは、そのためのもっとも近道であると考えています。

  

川口孝男建築設計事務所は東京都多摩市を拠点に、ハウジングコーチを用いた設計活動に取り組む建築設計事務所です。
新築住宅や集合住宅、学校建築、リフォーム、リノベーションなどさまざまな空間づくりのシーンをサポートいたします。